動画の真髄を知ろう

動画プレミアム

動画視聴はネタバレ注意

ドラマや映画やアニメなどを公式の無料動画で視聴するとき、気をつけなければならないことがあると私は思います。それは、うっかりマウス操作をミスし、先の映像を見てしまわないようにするということです。

 

先日、私は「悪魔のリドル」というアニメを公式の無料動画で視聴していたのですが、視聴を開始するときにうっかり手が滑って話の終わり間際を一瞬ですが観てしまいました。観たのはほんの数秒だったのですが、そのシーンがちょっと印象的だったので「あれ?ネタバレしちゃったな」と、私は内心ショックを受けました。

 

気を取り直して最初から再生をしたのですが、私の頭の中にはネタバレしてしまったシーンが頭から離れず、だいたいの展開が予想できてしまいました。それでも、観ないわけにもいきませんからそのまま視聴を続けていると、案の定ネタバレしてしまったシーンに向けて物語は展開していきます。

 

そして、気付いたときにはネタバレしたシーンまで観ていたのですが、ネタバレをしていたので当たり前ですがあまり驚くことができませんでした。リアルタイムのテレビ放送ならばこういったミスをはしたくてもできませんが、動画視聴に関してはボタン操作1つでうっかりネタバレの可能性があるということを、私は学んだのです。

一般的な趣味となりつつある動画

現代人の娯楽の一つが動画ではないでしょうか。

 

昔のインターネットにおいて動画を再生するのは困難となっていました。それが今ではいくらでも動画を見放題なのですから贅沢な時代、恵まれた時代になったものです。

 

趣味は動画鑑賞なんて言う人もいるくらいです。動画は基本的には無料といった概念があるためにお金が必要なく楽しめます。

 

中には有料動画もあり、そういった動画はインターネットの通貨などで買うことができます。課金といった仕組みにて動画にお金を支払い、有料動画を閲覧できるようになります。有料動画はアニメ、映画、お笑い、などなどDVDとして発売されているような映像です。

 

無料動画は個人が撮影したペットや旅行体験動画が一般的ですが、会社が配給しているアニメ、映画、テレビ番組はやはり制作費が掛かっていますし、スポンサーやら様々な関係上無料で配信をする訳にもいかず、インターネットにおいては有料動画として配信している事があります。アニメやドラマは一話だけを無料動画として配信して宣伝し、気に入ってくれた人が二話以降にお金を払ってくれるように、といった仕組みにて有料動画を売っている会社も多いです。

 

動画の金額は100円程度なので暇潰しとしては安いです。

年齢制限が設けられている動画について

動画によっては年齢制限が設けられている場合があり、一定以上の年齢の方が楽しむ事ができるようになっています。もしも一定以上の年齢に達していない場合には、残念ながら動画を楽しむ事ができないので気を付けてもらいたいです。このように年齢制限が設けられている動画の理由としては、子供に悪影響を与えないという理由があります。

 

大人でしたら、ある程度事情を把握して動画を見る事ができるのですが、一定以上の年齢に達していない子供が動画を見る場合には、衝撃やショックが大きすぎてしまって悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

どうしても年齢制限が設けられている動画を見たい場合には、一定以上の年齢に達してから見る事で条件をクリアする事ができるので、見る事ができるようになります。動画によっては一定以上の年齢に達していない方に対して、衝撃が大きすぎる場合があります。ですので動画によっては年齢制限が設けられている場合があります。

 

最近では動画を見る前に一定以上の年齢に達しているのか確認するようになっています。もしも気になる動画を見る場合に、年齢を求められた場合には自分の年齢が一定以上に達しているか確認してから動画を見るようにしてください。

ホーム サイトマップ
動画プレミアム サイトマップ