何かを感じることが必要

動画プレミアム

何かを感じることが必要

動画を見た後で、何か思うことがあるということはいいことです。一方で何も感じないのであれば、その動画は意味の無いものと言えるでしょう。どのような動画を作りたいのかというのもありますが、相手に伝えたいことが見えてこないものを作ってはいけません。動画は常にどのようなコンセプトで、何を伝えたいかが求められています

 

完成した動画を1度見て、自分が何を感じたのかが重要です。この時に何も感じないようであれば、それは失敗作と言えます。その失敗作を修正しながら、自分なりに感じることを表現できればいいのです。こうしていい動画は作られ、多くの方を共感させるものが生まれてくるのです

 

いい動画は、何か感じるものがあるはずです。これは面白かったなという端的な物だけではなく、あの場面が面白かったなという印象が生まれてきます。そうした印象を与えてくれる動画は、何度見ても飽きないものです

 

動画を作る際の参考として、別の動画を見た時、何かを感じることがいい物に繋がるかもしれません。よりよい動画を作るためには、自分の感性を鍛えることも必要で、動画を見て感じることが大切なのではないかと思います。それが作る側になった時に発揮出来るようになれば最高です

ホーム サイトマップ
動画プレミアム サイトマップ