動画における音楽や映像の著作権について

動画プレミアム

動画における音楽や映像の著作権について

動画で使用する楽曲や効果に関しては、著作権で様々な問題が上がっています。著作権法は国で定められた法律であり、これを違反する事はもちろん禁止されています。しかし、動画で著作物を使うにあたっては、使用される側にもメリットがあるために少し緩い法律となっているのが現状です。

 

まだ正確な見直しが国で行われているわけではありませんが、現在では、あくまで著作物を本当に悪用された時のための保険のような位置づけになっています。しかし、これを悪用するのは一部であり、大半の動画で使用されているような著作物については悪用の目的が見られない事がほとんどです。

 

何故かと言うと、著作物をアップロードする事がそれ自体の宣伝になるからです。特に有名でない著作物に関して言える事ですが、その知名度自体を上げてアピールをするチャンスになるのです。著作物を作った本人だけではなく、他の人がそうした著作物を使う事で信用性・説得力0も増してくるわけです。自分の作った楽曲や映像を使ってもらうと言う事は、評価をもらえたと言う事でもあります。ですから、著作物を持っている側からしても、通報するに出来ないようなジレンマを抱えているわけです。

 

とは言っても、楽曲を販売されている形態と同じような容量・形式でアップロードしている場合などについては例外です。これを宣伝とみなす企業も場合によってはいるかもしれませんが、大半の場合は違反とみなして通報の対象となります。裁判まで持ちこむかはその量によりますが、通報によって処罰を受ける可能性が少なからずあるので、著作物を使う事は出来るだけ控えた方が良いと言えるでしょう。

ホーム サイトマップ
動画プレミアム サイトマップ